2012年産米の全袋検査がピークを迎える福島県で、酒造用のコメの検査が滞り、県内の蔵元が新酒の仕込みに入れない状態が続いている。日本酒の消費量が1年を通じて最も多い忘年会シーズンの新酒発売は難しい状況だ。東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)を目指す中、蔵元では「何とか年内には発売を間に合わせたい」と焦りがにじむ。(時事通信)
 自然界の中にも放射能は身の回りにたくさんある。それらによる死亡者もいることはたしかである。しかし、調べていないものを考えれば、一生に浴びる放射能量は今回の事故で浴びる量とどちらが大きかわからないと思います。さまざま、病気や事故で亡くなる割合から比べれば、必要以上に考えなくてよいのかもしれない。50年後影響は放射量が減量していることを考えれば、少し大げさすぎると思う。広島・長崎の事えを考えれば、既に普通
の生活が行われていることを見ればわかると思います。直接被爆したひとは別格に考えなくてはいけないとおもう。いずれも、巨視的観点からみればそんなに心配していてもしょうがないと思います。もっとおおらかに成っていいのではないかと思う。