昨年の9月末、北海道に旅行にいきました。羽田から飛行機で釧路へ、レンタカーで最初に行ったのが阿寒湖です。そこは、40年前にいった時とは、全く雰囲気が変わっていました。しかし、湖畔から見える山は昔からかわらず美しい姿を見せてくれていました。また、「まりも」を見られる博物館に船でいきました。昼食は、湖畔で、シカの肉ワカサギの天ぷらを食べました。とてもおいしかったです。みなさんにもおすすめです。その日は阿寒湖温泉に泊まりました。
翌日は、硫黄山、屈斜路湖、晴天の摩周湖に行きました。それから野付半島に行き、昼食をとりました。まだこのあたりは自然が残っていると思いました。そこから知床半島の羅臼を経てウトロに行きました。途中峠から国後島が目の前によく見えました。また、道路脇で、蝦夷シカの群れを何回となく見ました。そしてウトロで2泊目をしました、
最後の日は、知床五湖にいきました。1時間30分で全部を見ました。 歩きながら湖に写る知床連山の様子を見ました。それから昼食後、知床半島の西海岸を船で行きました。残念ながら熊を見ることはできませんでした。つぎに原生花園の駅を通り網走に行きました。網走では、刑務所跡にいくつもりが、道を間違えて、今の刑務所にいってしまいました。その後 夕食をとり、女満別空港へ、そこで レンタカーを返して飛行機で羽田へ向かいました。そして、家についたのは、23時45分ごろでした。疲れましたが、北海道の旅を家族3人で楽しみました。続きを読む