2012年08月

pet shopでの犬、猫の待遇について

 動物保護法の観点からも、動物たちの扱われ方を、ショップで見せる時間の規制やお店に出すまで親といる時間をながくすることは、当然の措置だと思う。これは、お客さんからすると可愛いうちに買いたいとう要望がある。一方でブリーダーさんも値段が高くつくうちに売ろうとする。その間で折り合いお付けて売っていたのが今までの売り方である。ペットのつ新販売も問題がある。現物を見ないで買うなんて、物じないのだから、遠くでも一度は必ずペットと対面して買うべきである。10年以上の付き合いになるのだから。
 そこで問題をまとめると、1.ペットを高く売りたいペットショップ。2.ペットショップに高く売りたいブリーダー3.個人で販売しているブリーダー4。個人でブリーダーをしながら出店しているショップなどこれらを混ぜてやっているところもある。
 自分のところで育てた、ペットを売っているいるところは、細かい飼育歴まで分かるのだ買うのに一番いいと思います。しかし、このようなお店は、街中にないのが実情です。
 では街中で買う場合は、お店の中でペットがどのように扱われているかできますと思う。ゲージのなかが汚い、ウンコ、オシッコが綺麗になっていない。それらを見る店員の数が動物に対して少ないところは、いくらペット価格が安くてもやめた方がよいと思う。値段が高くても、綺麗に育ている店のペットは生活習慣がついている。
 是非ペットを買うときには、何軒も店を見て、気に入ったペットを選んで杭のない買い方をしてください。
 どのペットも月齢で値段が下がって行きます。小さいうちから育てたい人は、やや高め、6月以上になると価格が半額になることもあります。
 いずれにしろ、自分の長年の友を選ぶのですから時間をかけて、あなたにあう性格のペットを選びましょう。ここは飼って見たけどダメだから、引き取っては通用しない世界です。それほど動物に愛情をかけられる人のみが買うべきだと思います。
 ペット時代に、ペットをおもちゃとして買うのでなく、家族の一員として買わなくてはいけないと思います。冷静に考えて、うちにはもひとり家族がいても大丈夫かというところで買われたらいいと思います。

家の猫この2年間

  • 2010年8月に、2ヶ月で来たアメリカンショートヘアーのピーコです。2年経ちましたが、この間ゲージを中心にしたIMG_0758
    生活、ミルクの生活、離乳食の期間などがありましたが、健やかに育ちました。かわいそうでしたが7ヶ月で避妊手術をしました。2011年には、しだいに行動範囲もひろがりました。食べ物も幼児食から成猫用のものにかわり、生餌も食べるようになりました。でも昼間は比較的起きていて、夜は寝室のゲージでの生活を続けていました。5月に予防注射と検診に動物病院にいきました。また、シャンプーもしてもらいました。秋には、5日間旅行のため、ペットホテルに泊まりました。テレビの天気予報の時の差し棒に興味を持ち、テレビ画面の棒をつかみに行きます。食欲も旺盛になり、2012年5月に行った3回目の予防注射の時には体重が4.5kgになていました。生活も今年になてから高いところに上がったり、引き戸を手であけたりしています。水も水道の蛇口から飲みます。両手を使っておもちゃで遊んだりしています。ヨーグルト、プリンも少し食べます。でも、噛み付いてきたり、引っ掻いたりは相変わらずしています。そんなピーコですが寝顔は可愛いです。IMG_1361

オリンピック日本の頑張り

 オリンピックは参加することでも大変なのにメダルをとることは夢のようなことだと思います。出場選手を支えてきた、多くの選手たちがいることも忘れてはいけないとおもいます。スポーツの裾野の広さが、優れた選手を生み出しています。より良い成績をあげるための精神的、能力的、肉体的な力を高めるために時間と労力をかけ、自分の限界に挑戦する選手たち、やはりみんなで支えていかなければならない。オリンピク後もコーチや監督、トレーナー、再び選手として、活躍できる道をつくることも必要である。日本ほどオリンピック後の待遇の悪い国はありません。
もっとスポーツ振興に真剣に取り組むべきである。特に集団競技については。企業が資金提供をしなくなってきている今日、国がバックアップすべきだと思います。国の美味しとこどりは、許せない。
記事検索
プロフィール

ぴーちゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
石神井川の桜さまざま

ダウニーを安く買うなら爽快ドラッグ
  • ライブドアブログ