そもそも結婚と恋愛が一緒であった時もあると思う。しだいに分かれてきた、若いうちは恋愛から感情的に結婚にいたることが多いのであるが、逆に感情がさめて離婚率も高くなっている。一方高学歴になると、相手も選択して、それなりの収入と自分と見合う経済力を要求するようになる。これでハードルが上がる。かつ、人付き合いがよく、そこそこにイケメンをさがすともう限られて、お互い同士選ぶ相手の数もへり、相性まで考えるといなくなってしまう。それで妥協結婚になってしまい。条件はまあまあであったが人間性に問題があるあいてにあたってしまう場合もある。ではどうすれば良いのか、恋愛は遊びと考えてもいいのではないか。結婚はあるていど家庭をいじする経済力や家族の人間関係にも配慮できる。そしてしっかりした経済観念や養育能力や信頼感がもてる人を選択する。あるいはそのように教育出来る人を選べばいいと思う。ある程度自立しんや強さも必要かもしれない。見た目で決めると失敗するので、よく付き合い相手を観察してきえればいいと思う。合コンや婚活などもきかいであるが、それ以外にも、機会を自分でつくることもでいきると思う。ようは、パーフェクトな相手は居ないし、何かお互いに欠点もあるがそれを認め合って結婚できればいいのではないか。故にあまりにも探しすぎると皆なはじかれて次に期待をかけても次に思うような人が出てくる可能性はすくなくなる。早いうちにある程度のところで妥協して結婚すればいいと思う。
 なぜなら結婚は第2の自分のスタートでここから家庭をつくりあげていくところだからである。これからが山あり谷ありの人生をのり切れるコンビのあいてになるのだから、信頼してついて行ける、任せることのできる人間でなければなrたない。容姿やスタイル、センスに化粧にごまかされない相手をお互いに見つけなくてはならない。もっとも大切なのは健康かもしれない。このような事を参考に相手を見つけておつきあいして確信をもって結構すればどうでしょうか。