2013年08月

可愛いネコちゃん

http://editor.wix.com/html/editor/web/renderer/edit/131f0ef8-ac30-9d47-d513-e0b65c6deba4?metaSiteId=131f0ef8-b1d3-8fcf-d1f6-5ed577b033a0&editorSessionId=09EC8411-00E0-4D40-AE66-9413801228E2
8月29日夏休みもおわりで新宿は若者であふれていた。どこのお店も人が入っていて、景気も一見よく見えるのだが、何処のお店も30%OFFとか50%OFFとか値下げで人寄せをしたりしている。高級なものを買う人はひと握りの人にすぎない。この場所で書くことでないがしょうが8%の消費税になったら買う物を控えるようになったり、お店にも行かなくなると思います。ネコカフェも打撃を受けることになると思います。

日本も中国・韓国と同じルーツをもつ

 人類の発展歴史を考えるとアフリカからユーラシアに移動したのではないかといわれている。その後それぞれで国や文化が発展することになる。中国にはかなり古くから文化があり、ここには周りの地域から人や文化が集まり。また、ここから文化が分散していることが仮定ができる。インドから中国へ。インドから東南アジアへ。ギリシャ、ペルシャ。シルクロードでモンゴル、中国、朝鮮半島へ。朝鮮半島から日本へ文化も伝わってきた。つまり日本、朝鮮、中国は歴史的に強い結びつきがある地域である。日本の文化の多くが大陸から伝わったものである。
宗教的にも仏教文化圏である。
 6世紀には朝鮮半島を巡り日本は、朝鮮半島にあった国と戦い。さらに北にある国と戦い。これを支援する中国とも戦いを交えている。
 鎌倉時代には中国が日本に戦いを挑んできた。日本はこれを封じた。その後中国との貿易が行われていた。戦国時代には、秀吉は朝鮮出兵。朝鮮と戦うが敗戦して引き上げる。
 その後、江戸時代を通じて日本と朝鮮とは友好な関係をもっていた。同様に中国とも鎖国中も文化交流をもっていた。ここまでの歴史上の問題はないと思われる。
 問題、日本の近代化明治維新後にある。欧米文化を取り入れ列強に追いつけ追い越しの政策、富国強兵、殖産興業、産業を盛んにして、行くため資源を手に入れること、作られた製品を売る市場を求めて海外進出、これが列強との戦いになり軍事力強化の始まりになった。
 日清戦争。日露戦争で中国、台湾、朝鮮を植民地にすることになる。このなかで現在中国、朝鮮で批判されている行為を戦争の名のもとに行ったのは事実である。つまり、帝国主義の侵略行為であり、ことには国際的みて間違いないことである。植民地時代に徴用した中国や朝鮮の人を日本国内で鉱山労働や兵隊としても使っていたこともあるようである。
  大陸で戦争の中で民間人を殺害するような行為がないわけはないと思われ、虐殺も行われたと思われる。
故に中国や朝鮮との関係は近代日本の大きな過ちであり、これを戦争に巻き込んだアジアの諸国に謝罪する
ことになんの問題もないことで、誤らないことこそ戦争を肯定することになってしまう。
 間違った歴史観を持つことで中国や朝鮮との関係を悪くしたら、近代民主国家として恥ずかしいことである。
共存共栄するほうが得策であると思う。安倍首相の後ろ立て方々に誤った考え方を注入する人物は日本を駄目にする人物たちである。改憲を促して人々である。

軽自動車税の値上げには反対

総務省「軽自動車の税率が低すぎる」 軽自動車税を大幅に増やす検討

1 名前:うっしぃじま悪い肉φ:2013/08/23(金) 10:01:34.76 ID:???0
総務省、車増税「軽」に照準 取得税廃止穴埋め
総務省は軽自動車の持ち主が毎年納める軽自動車税(地方税)を大幅に増やす検討に入った。2015年にも廃止される自動車取得税(同)の代わりの財源とし、地方財政への影響を回避する。欧州連合(EU)などとの通商交渉で、日本の軽の税率が低すぎると指摘されていることも見直しの追い風とみている。ただ軽自動車業界の反発は必至で、年末の税制改正論議の焦点になりそうだ。

所得税など国税の制度を財務省が所管するのに対し、自動車税や自動車取得税といった地方税は
総務省が所管している。普通車や軽自動車の取得時に地方自治体に納める取得税は、消費税が
10%に上がる際に廃止される。取得税がないと年1900億円(13年度見通し)の税収が失われるため、
総務省は保有税の増税で補填する方針。普通車の保有税である自動車税と軽自動車にかかる
軽自動車税のうち、軽を重点的に増税する方向だ。10月までに省内の有識者検討会で具体的な
増税の方法を固め、与党の税制調査会に提案する。

軽は排気量が660cc以下の自動車。自家用の場合、軽自動車税は1台あたり年間7200円で済む。
660ccを超える普通車では、軽とさほど変わらない排気量1千cc以下の車でも年間2万9500円の
自動車税がかかり格差が大きい。上げ幅は今後議論するが、軽自動車税の税収は年1852億円で
得税とほぼ同じ規模。単純に穴埋めするなら、倍近くになる可能性もある。

地方税収を潤沢にする観点から、過去にもたびたび軽自動車税の増税論が政府内で浮上してきたが、
スズキなど軽自動車メーカーの反対で実現しなかった。今回は取得税が廃止されるため、
総務省は何らかの代替財源が必要と判断した。
(以下省略)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS22026_S3A820C1EE8000/
そもそも税金の名前替えではないか。だましの取得税の廃止ではないか。日本の自動車に乗る人数も、車を買う人数も減ってしまう。特に地方に取っては死活もんだいになる。余計に地方から都市に人口が集まり、地方は崩壊してしまいます。収入の少ない地方は移動手段が車、その足の値段まであげられたら、地方はたまらない。
地方の為に成らず。

捕獲器の扱いの改善 NO2

公益社団法人 日本動物福祉協会 栃木支部

<捕獲器の扱いの改善を!!
       〜県の捕獲器で犠牲になったねこ〜 >

*****センターとの話を追記します。*****
8月21日

◎捕獲器は役場の依頼でセンターの捕獲器を出し、
センターが設置したもので間違いがない。

◎センターが最後に捕獲器を見たのは7月31日。
それ以降は巡回はない。
お盆休み期間中や土日などの祝祭日も
緊急性がなければ対応はないとのこと。

◎お盆休みは捕獲器をかけないように
口頭でお願いしていること。

◎現在、書面記入などもなく、
苦情者に貸し出していること。

この時点で、上司の方に代わっていただき、

◎全域の実績がない捕獲器の回収

◎貸出の書面化や誓約書、使用方法の徹底化

◎対応ができないお盆期間中や土日は撤去か、
イタズラ防止のためにも鍵をかけるなどの対応

◎巡回がない問題。

◎他県のように点検のためにも2週間程度で返却

など話をして、前向きなお返事をいただいています。

正式な回答が来るのを待ちます。

捕獲器の保有台数も分からなくて、管理番号もなく、
備品管理もできていない状況も
改善していただかなければなりません。

最後の問題は…
誰がかけたのかということと、
警察への通報がなかったこと、
犠牲になった長毛ねこさんの扱いです。

今のところ、センターでは
犠牲になった長毛ねこさんの飼い主探しのための
情報公開は考えていないようです。

こちらも引き続き見届けたいと思っているのと、
正式な回答をいただくつもりです。
************************

近隣の方や直接ご覧になった獣医師の先生からの
証拠画像と証言を昨夜、今日といただきました。

画像は、栃木県動物愛護指導センターの捕獲器の
設置場所です。通りからの撮影で
通りがかっただけだと見えにくいのですが、
ねこの遺骸も入ったままの状態での撮影です。
日を全く遮るものがないのがお分かりでしょうか?
直接ねこの遺骸をご覧になった獣医師の先生も
熱中症で死んだ可能性もあるお話をされていました。

1週間前にねこがかかっていた時も
センターの巡回がなく放置されており、
もし気がついた方が放獣しなければ、
犠牲が出たところでした。

本日、他団体様の方でセンターと話したそうですが、
職員のK氏は
今後も貸出を続行するとのことを伝えたそうです。
そして警察へも通報せず、
飼いねこの可能性もあるのに情報を公開せず、
闇から闇へ葬るつもりです。

捕獲器のずさんな管理については
もう何年も指摘しているのですが、一向に改まりません。

私が今まで関わった案件でも上三川の現場だけでなく、
何年も置きっぱなしの捕獲器が県北に何台かあり、
回収を求めても
置いた場所や貸出した人の把握さえもろくにしておらず、
苦情者でさえ何年も置いているけれど、いつになったら
取りに来るんだとセンターに電話まで入れる始末・・・

その現場は那須の鳥獣保護区でした。
野生動物がかかる可能性も高く、
本来、法定狩猟具である認識も薄いのかもしれません。

今回も、いのちをつなぐための水やフードの設置が
捕獲器の中になく、捕獲のためにおびき寄せる分の
フードだけを置いていた可能性もあり、
悪質であると考えています。

そして・・・
こんな奥まった場所に設置しても犬はかからないと
近隣の皆様が話していたそうです。
犬の通り道でも集まる場所でも何でもないと・・・

何を対象に捕獲器を設置したのかさえ、
これではわかりません。

これは犯罪ですし、
貸出のシステムも絶対に改めるべき問題です。

税金の無駄つかい首相の外遊

引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1373629203/


1: 再チャレンジホテルφ ★ 2013/07/12(金) 20:40:03.18 ID:???0
 安倍晋三首相は8月下旬に、中東ペルシャ湾岸に位置する湾岸協力会議(GCC)構成国のうち、
バーレーン、クウェート、オマーン、カタールの4カ国を訪問する方向で検討に入った。
政府関係者が12日、明らかにした。日本はGCC諸国から原油や液化天然ガス(LNG)などを
輸入しており、首脳外交で関係を強化して、化石燃料の安定的な確保につなげる狙いがある。

 首相の中東訪問は、4~5月にGCC諸国のサウジアラビアと
アラブ首長国連邦(UAE)を訪れて以来。中東を重視する首相は、
5月に回れなかったバーレーンなど4カ国を早期に訪れたいとの意向を示しているという。

 首相は参院選後の今月25日から、就任以来2度目となる東南アジア歴訪も予定している。

(2013/07/12-19:55)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013071200894

何で国内に問題を抱えているのに、かつて首相より3倍以上の外遊をするのか。誰か首相の外遊にかかっている費用を飛行機の燃料や宿泊、食事、滞在中の交通費、交際費、随行者の経費をどのくらい使っているか。歴代の首相と比較したものを国民に明らかにして欲しい。
そもそも原油高の原因は円安誘導でおこっているのだから、それを考えればいいのだと思う。それ以外は民間で十分。オリンピックの招致も、首相がいってやる程の問題でもない。誘致出来なかったら損害が生じる。
記事検索
プロフィール

ぴーちゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
石神井川の桜さまざま

ダウニーを安く買うなら爽快ドラッグ
  • ライブドアブログ