2013年09月

首相の感覚は経済感覚のみ大切な命の大切さがない

オリンピックより大変な問題である原発事故の問題についての認識が甘かったのではないか。福島原発の汚染水の問題はまだ漏れてを止めるに至っていないし、止められる技術もいまだ固まっていないのに、首相は。漏れることなくコントロールできていると発言している。この発言が国際公約であり、この話が嘘になる。それを平気でいられる感覚がわからない。これから取り組むのではなく、もう出来ていると発言していることがおかしい。福島の人たちを馬鹿にしているし、国際社会にも嘘をついていることになる。結果OKではないとおもいます。場合に寄っては決定の返上もあるのではないか。

オリンピックのプレゼンでの首相の嘘

汚染水、首相は最終プレゼンでこう説明した】

 防波堤に囲まれた港湾内(0.3平方キロ)には、汚染水が海側に流出するのを防ぐための海側遮水壁が建設されているほか、湾内に広がるのを防ぐために「シルトフェンス」という水中カーテンが設置されている。

 東電によると、フェンス内の海水からは、これまでに最大でストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり1100ベクレル、トリチウム(三重水素)が同4700ベクレル検出されている。東電は「フェンス外の放射性物質濃度は内部に比べ最大5分の1までに抑えられている」と説明したが、フェンスは水の出入りまで遮断できない。また、フェンス内と港湾内、外海の海水が1日に50%ずつ入れ替わっていることが知られており、トリチウムは水と似た性質を持つため通過する。

 現在、外海とつながる港湾口や沖合3キロの海水の放射性物質濃度は検出できないほど低いが、専門家は「海水で薄まって拡散しているため」とみる。

 また、汚染水は1日400トンの地下水が壊れた原子炉建屋に流れ込み、溶けた核燃料に接触して増え続けている。水あめ状の薬剤「水ガラス」で壁のように土壌を固める改良工事を実施したが、壁の上を越えて海洋流出している事態も収束していない。地上タンクから漏れた汚染水約300トンの一部は、海に直接つながる排水溝に到達したとみられ、東電は港湾外に流出した可能性を否定していない。「何をコントロールというかは難しいが、技術的に『完全にブロック』とは言えないのは確かだ」(経済産業省幹部)との声も出ている。

 一方、安倍首相は「食品や水からの被ばく量は、どの地域も基準(年間1ミリシーベルト)の100分の1」と述べ、健康には問題がないと語った。この発言は、全国12地域で流通する食品などに含まれる放射性セシウムによる年間被ばく線量は最大0.009ミリシーベルトに基づくが、木村真三・独協医大准教授(放射線衛生学)は「福島県二本松市でも、家庭菜園の野菜などを食べて、セシウムによる内部被ばくをしている市民は3%を超える。医学的に影響が出ているか否か、現状では判断できない」と指摘する。【鳥井真平、奥山智己】

国民も汚染水についてコントロールは出来ていないと来ている。そのような中で重要な会議での嘘は許されないし、オリンピック精神に反するものである。この責任をしかるべく取るようにして欲しい。

日本の借金は1000兆は1964年オリンピックから

日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった

2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催される。オリンピック招致を目指す東京都の猪瀬知事は9月3日にすでに現地入りしている(写真はオリンピックカラーに点灯した東京タワー)。

東京でのオリンピック開催については、その経済効果と財政負担をめぐって賛否両論がある。東京都では経済効果や費用について控えめな試算を出しているが、もし実際にオリンピックが招致されることになった場合には、日本の財政の大きな転換点になる可能性がある。

東京都が試算したオリンピックの経済効果は、需要増加が約1兆2000億円、経済波及効果は約3兆円となっている。直接的な需要増加はGDPのわずか0.25%にしかすぎず、日本経済全体からみれば、効果はほとんどゼロに近いといってよい

だがこの試算に対してはオリンピックの効果について意図的に過小評価しているという声も聞かれる。

オリンピック招致については、財政負担に対する懸念から反対意見も多く出ており、東京都はこうした声に配慮して、お金のかからないオリンピックを標榜してきた。このため、経済効果に関する試算においても、極力範囲を絞った計算が行われている可能性がある。実際、東京都はオリンピックの有無に関係なく整備されるインフラについては、試算の対象から除外するという処理を行っている。

オリンピックの開催によって最終的にどの程度のお金が動くのかについて現段階で予測するのは難しい。というのも、開催地以外の場所であっても、オリンピックを契機とした公共事業が活発化する可能性があるからだ。開催地である東京とはまったく関係のない場所でも、オリンピック観戦に来た外国人観光客を取り込むためのインフラが必要だという話になれば、大型施設の整備を検討する自治体が出てくることになるかもしれない。
このようなインフラ整備が各地で行われることになれば、オリンピック慎重派が主張する通り、公共事業に対する予算要求が大幅に増大してくる可能性も否定できない。

確かに日本の財政は1964年に開催された東京オリンピックが大きな転機になっている。東京オリンピックに向けて活発に行われてい公共事業がパッタリとなくなり、翌年の1965年には「40年不況」呼ばれる大型不況に突入した。景気対策として財政出動が必要となり、同年にはとうとう戦後初の国債が発行された。現在の日本の累積債務の山は、東京オリンピックの後始末がスタート地点なのだ

最近では、国家の体力を無視したオリンピック関連のインフラ整備が国家破綻のきっかけになったギリシャの例など、オリンピックと国家財政の関係は深い。

このところ日本では良好なGDPの数値が得られているが、内実は、大型公共事業による効果(2012年度補正予算を用いた総事業費20兆円の緊急経済対策)と消費増税前の駆け込み需要である。来年以降は景気失速が懸念されており、オリンピック特需への過剰な期待が生まれやすい環境にある。オリンピック特需のための国債増発が国債価格の下落を招き、結果として利払い負担を増加させてしまうのでは本末転倒である。日本の財政規律は今、正念場に差し掛かっているのだ


日本動物福祉協会 引用文

<センターよりレスキュー 〜純血種の受難〜 >
   ☆探しています 〜飼い主様&里親希望者様〜 ☆
画像は栃木県動物愛護指導センターから収容期限が切れ、譲渡を受けたチワワ君・・・診察台でこんにちは☆
可愛い小さなカタマリ・・・大人しい。そして本当に可愛い〜♪...推定年齢 5歳〜くらい。てこてこてこてこと歩く姿は、
プリチー&ラブリーと言っても過言ではありません!

サマーカットされており、爪も伸びていません。去勢はされていませんでしたが、フィラリア−です。
飼い主さんは探し方が分からない可能性があることも含め、飼い主様探しをしながら里親探しをしたいと思います!!

 ***どうか情報の拡散をお願い致します!***
  ↓  チワワ君の収容動物情報  ↓
http://www.tochigi-douai.net/html/stray/dog/2013-09-0005.html
   栃木県 佐野市で収容されています!

栃木県の場合。飼い主様・・・うちの子は可愛いからさらわれたと考えるのは大間違いです。
そんな飼い主様にしょっちゅうお目にかかります。そんなオメデタイ考えは関係各所に届け出をしていないなら
捨ててください。4日後には殺処分の危険性があります・・・もし、飼い主様が出てきてお返しするとしても
はい、そうですか。とはお返しできません。当方のお話を聞いてお約束していただくのが条件です。

里親希望者様も募集中です!(*譲渡条件があります)

しかし、純血種、しかも小型犬は、個人の譲渡希望者様や団体でも割と希望があり、当方まで話が回ってくることは
めったにありません。誰も手を挙げなくて、当方が譲渡を受けるとなると、看取り覚悟のガンや
骨折などの動物ばかりなのですが・・・

今回、個人も含め、団体さんにも希望がなく、非常に驚いています。かつて流行っていた犬種の運命が
特に問題がないのにセンターというのはあんまりですね・・・
今回は皆様のご好意で、ツイッターなどで回った情報によりレスキュー依頼を受けることになりました。
群馬のドッグカフェを運営されている方から一時預かりのお話をいただき、
いのちをつなぐことができました!感謝いたします!!

支部長さんは、実は小型犬、特にチワワが苦手です・・・吠える、咬むの印象があり、よく思っていませんでした。
でもこの子は・・・若干ビビりですが、アイコンタクトもできて大人しく、印象がガラッと変わりました。可愛いです☆
やはりわんこに罪は無く、しつけが大事です。小型犬はつい甘やかす人が多いのでしょうか・・・
飼い主さん、きっとキミのことを探していると思うのだけれど。

センターでこんな可愛い子が、期限が切れたら殺処分になって生を無理やり終えなければならない現状を
どうか知っていただければと思います・・・いのちに流行はありません。
どの子もかけがえがない存在なのです。
もっと見る

飼っているねこ、犬を悲しい目にあわさないで

<殺処分依頼のねこ ~引取り後の指導と繁殖制限~ >
今週は栃木県動物愛護指導センター、宇都宮市保健所
双方からのレスキューが続きました・・・少々参り気味(涙)
画像は宇都宮市保健所に収容されていた
飼い主が殺処分依頼をしたねこさん。...
妊娠しています・・・お腹パンパンです・・・

飼い主は、きちんと飼える能力もないのに増やし続け、
近隣トラブルとなり、挙句の果てには・・・
妊娠したねこを殺処分依頼したのです。
保健所が指導している現場だったとのこと。
保健所も殺処分依頼での引取りの際に、念書を書かせ、
来週でも残りのねこについて
繁殖制限手術を行ったか確認しに行くとの話。

その話を聞いて、保健所がきちんと対応するのであれば・・・と
引き受けることにしましたが・・・
県にも子ねこがたくさん待っていますし、
本当なら余裕なんて全くありません。
この子を引き受けたことで
他に助けられない動物が出てくるでしょう・・・

繁殖制限手術をしていれば、殺処分依頼で
ここに来ることはなかったはずです。
来週、職員が訪問してみて、
繁殖制限の手術がまだであれば、
こちらで負担するから実施をという話もしました。

こういう場合、ちまちま指導に行くよりも説得して、
手術してしまった方が、安全確実なのです。

改正動愛法で飼い主責務がより一層明確になりました。
そして、引取り殺処分も限られた場合のみになり、
市や県の業務も変えなくてはいけないはずです。

年に何度も持ち込んでいる
バカな飼い主を放置している栃木県。
役場に持ち込めば、タダでチェックなしで
動物を殺処分のために引き取ってくれる栃木県。
明日からの業務がどうなる確認したいと思っています。

そして繁殖制限だけは必ず行ってほしいです。
宇都宮市保健所に持ち込まれた動物は、
負傷や病気の動物、幼若動物も・・・全部
栃木県ドッグセンターのガス室に送られています。
飼い主の怠慢で小さないのちが犠牲になっている現状を
変えていきたいと思っています。

もし、市保健所や県がいい加減な業務で進むのであれば、
皆様のお力をお借りしたいです。
PETの命を大切にしてほしい。殺処分を前提にPETを飼っ
て欲しくない、飼った人は避妊・去勢を必ずして必要以上増
やさないで欲しい思います。それが小さな命を守るためには
必要な事だと思います。
記事検索
プロフィール

ぴーちゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
石神井川の桜さまざま

ダウニーを安く買うなら爽快ドラッグ
  • ライブドアブログ