2014年02月

集団自衛権については考えなければ

国会での説明「当然」=集団自衛権、閣議決定前でも―安倍首相 時事通信 2月28日(金)10時0分配信  安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、集団的自衛権の行使容認をめぐる憲法解釈変更について、「閣議決定の前に国会が政府の見解を問いたいとなれば、答弁する義務があるのは当然だ」と述べ、国会での丁寧な説明に努める考えを強調した。民主党の大串博志氏への答弁。  憲法解釈変更のための閣議決定に関しては、与党の公明党に事前の国会審議を要求する声が高まっており、首相の答弁は、同党に一定の配慮をしたものだ。ただ、首相は「閣議決定がなければ、政府の意思、方針が決まらない」とも述べ、本格的な国会論戦は閣議決定以降になるとの認識を示した。   以下のことに問題がある。このような大事なことを閣議決定してから、国会の審議するのは筋が取らない。 首相は「閣議決定がなければ、政府の意思、方針が決まらない」とも述べ、本格的な国会論戦は閣議決定以降になるとの認識を示した。  このことは、国会軽視にもなると思う。同様に武器輸出3原則についても、国会での議論が必要である。これを見直すことは、戦争をしているどちらかまたは両国に戦争をさせることを容認し、武器がうれば産業が活性化する死の商人となってしまう。  最近の安倍政権は、経済成長のためには戦争、紛争に武器を売り、場合によってはPKOを超えて国連のもとにに紛争に介入するこも考えているようだ。その前提が集団的自衛権もそのひとつと考えられる。危ない政権をはやく退場させないと、後戻りできない国になってしまう。

自然災害地震と雪害にちがいがあるのか

 報道のあり方、オリンピックと大地震が起こったらどちらを優先して放送されたであろうか。たぶんオリンピック放送を中断しても地震の報道をしたであろう。
 しかし、地震であろうが雪害であろうが人命にかかわる災害にちがいないと思う。オリンピックの最中に報道をしてもいいのではないか。それが本筋である。
 確かにオリンピック放送で盛り上がっているが、国内の状況を早く報道して、国、自治体がこれに早急に対応する環境を整えることが大切なのではないか。
 これがNHKの放送、報道であるならその責任は重いと思う。勘ぐるのは良くないが戦時中に大本営が戦況を伝えたななで、大地震が隠されてことを思い出される。
 やはり、放送、報道はきちんと分けて報道しなければならないと思う。特に時間がないならしょうがないが、同じ場面を何回も放送するなら、東日本雪害に関する報道として、速報すべきであった。4日以上たってもまだ孤立地域や立ち往生している車もある。
 早く対応して災害を最小限に治める必要があるとおもいます。

ソチ冬季オリンピックに期待すぎ

 なぜ日本人はオリンピックに期待するのか。安倍政権の政策に関係があるのではないか。円安、株高で企業活動を活発にして、儲けから賃金を上げてもらい、豊かな生活になって物を買ってもらう。そして売れるから企業が活性化する。このサイクルを期待している。そうなるように期待している。
 そこでメディアも必要以上にメダルを選手に期待している。しかし、経済も増税になれば景気は冷え込む。オリンピックも日本選手にプレッシャーになり、かなり無理をせざろう得ない。メダルがなくてもいまの日本の実力を知ればいいので、メダルなど期待することが間違っている。個々の選手が頑張れればいいのではないか。ニュースで何位だったという放送はいいけれど、予想などの放送はやめるべきである。
 つまり安倍政権のアベノミクスも結果でれば胸を張れるが失敗したら退場すればいいのだと思う。何しろ日本の経常黒字は数年で赤字に転落その先に、負債の山で国債も紙切れになる日がくるかもしれない。
 こうならないように国の無駄遣いを減らし、効率よく税金をつかい利益をあげて財政の安定化を図るべきである。博打のような政権運営は持たないし、早くやめさせなければならない。
 円安誘導で海外に依存する日本の企業の存在が日本を苦しめるのも皮肉なことになる。また、電気代やガソリン代だあがれば、流通業界も負担増、商品に添加される物価が5%以上あがり、消費が冷え込むのは目に見えている。
 

民放の番組編成について

 見たくなければチャンネルを変えればいいというが、どこのチャンネルでも同じような、2から3時間のダラダラ番組。どう見ても製作費がかかっていない。出演者もそれほど高くない人を使っている。これでは、見たくもなってしまう。ドラマもいいドラマもあるが、CMが入りすぎておもしろさ半減してしまう。視聴率もいい加減なものになっている。
 お笑い系タレントのでる番組は長くても30分、ドラマは50~60分ものとする。なにしろだらだら長いのだけは
やめて欲しい。
 スポーツなどは全試合をできるだけ放送するようにする。 ニュース番組は2時間程度まではいいがきちんと裏付けのとれたものだけを放送する。
 連続ドラマはそれなりに内容があり面白いと思う。再放送は2回までにして欲しい。
 何しろ視聴者の立場での番組編成に、確かにスポンサーがお金をだしているわけですが、消費者あっての企業だとおもうので引くところはほうがいいと思う、
 ドラマの重要なところでCMが5本も入ったら興ざめして終わった時になんであそこでCMをいれたことの気持ちが残るだけ。同じドラマも重用なところだから本来CMを入れたいところだがそれを最後にいれたならこのドラマよかったと感動して、そのあとCMもよかったとなるわけである。最後チャンネルをかえらえれてしまうのなら、次回の予告の間にCMをいれるとか。懸賞をいれてもいいとおもいます。なんしろおもしろい次を期待できる短い番組を製作放送して欲しい。
記事検索
プロフィール

ぴーちゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
石神井川の桜さまざま

ダウニーを安く買うなら爽快ドラッグ
  • ライブドアブログ