すべてトランプ大統領のペースに乗ったら、アメリカの言いなりになり、日本のとるものがなくなる。たぶん、国防長官の訪問で安全保障で日本に譲歩したのだから、大統領は経済についてはアメリカの意見を聞けということになる。これは絶対にいってくる。
 これをやらなければ公約違反になるので、日本に円高を進める要求は当然してくるし、貿易でも日本がアメリカでもうけている分の還元を要求してくるだろう。
 相当のダメージをうけることは覚悟しなければならない。
 ゴルフ外交を要求すべきでなかった。このままでは、グローバル的にみれば日本はアメリカの犬になってしまう。他国の首脳ははっきり言うべきことはいっているのにトランプ大統領の政策の批判していないにのもい、それに輪をかけてだ。トランプ氏と同じ考え方を思っている首脳とおもわれては、アメリカ製品の不買運動がひろがれば、日本製品の不買運動に発展し、日本経済にマイナスになる。トランプ大統領には、よほど気をつけないと、共倒れに
なってしまう。
 アメリカは国内の混乱をどう解決するのか、トランプ大統領をどこまで認めるのか、周辺国がアメリカにダメージを与えることができるのかである。トランプ大統領が自分で早くやめるのがアメリカにとってもいいと思うのだが、アメリカンファーストを考える人も多いので簡単にはいかない。あまり自己中心的になれば、その反動が必ずおこるのでこの保護主義政策が続けば続くほど、反動は大きく国内外に発生するとおもう。また、不動産バブルがおこり、第2のリーマンショックがおこることもあるかもしれない。