2018年03月

森友学園の問題、なぜ納得いく答えがでない。

正しいことをしたのならなぜ本当のことをみんなの前でいえない。籠池氏は違法な行為をしたが、それに手を貸そうとしたことは事実ではないか。

安倍首相夫妻が日本会議と関係がなければ、籠池氏との関係も生まれれず、幼稚園にも呼ばれれす、講演をすることも、小学校の名誉校長に就任することもなかった。
 そうすれば、森友問題は起こらなかった。籠池氏がいくら地元の政治家の手をかりても、国有地を手に入れ、学校をたてることなどできなかったと思う。
 裏かえせば、安倍夫妻の力を借りればできることを関係した議員や関係者から言われ、もしかしたら繋ぎをしてくれた人物がいたのかもしれない。
 国有地の取得、学校の認可、これに国の関与した。近畿財務局、財務省理財局などの官僚が介在したが、官僚だけで、ここまでのことはできるとは思えない。政治家が関与している。それも、与党の政治家、それも当選回数が多いベテランの議員、大臣級の人物となる。その中で稲田朋美・元防衛相や山谷えり子・元拉致担当相、中山成彬・元文科相、鴻池祥肇・元防災相、と安倍首相などである。
 一番の実力者は安倍首相であるが、いくらなんでも首相には直談判はできないので、首相夫人ということになったのではないか。
 もうここまできたのだから本当のことを話して、国会で1強でどうにでもなるとおもっていた「森友問題に関係していたら議員も首相もやめる」といったことを実施してもらい辞職すればいいのではないのか。
 もう、官僚を敵に回しては、守ってくれるものはいない。麻生財務大臣は処分せざろう得ないし、いままで、なにがあっても矢先にたってくれた菅官房長も、今回は守りきれないとみているようだ。
 このような状況を自民党の正統派議員は、もう見捨てて次期総裁とこれから政権運営を考え、出来る人材を集めて結束して、いつでも新政権ができる準備をしておくべきである。早ければ、新年度予算案が成立する。あとの4月上旬に内閣辞職になるであろう。
 

羽田空港の発着数の増便はやめる

羽田空港の増便分を成田空港へ振り向ければいいと思う。今の東京上空を通過する案を撤回すべきである。世界の空港の中での利便性を考えるより、墜落によるリスクを避けるべきである。
観光立国をめざすなら、訪日する人の安全と共に、航空路の下に住む人の安全も担保しなければならない。
羽田空港を離陸・着陸する飛行機がどのような状況を知っている人からするとどれだけ無理な状況で運行しているかが理解できる。やめるべきでる。
記事検索
プロフィール

ぴーちゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
石神井川の桜さまざま

ダウニーを安く買うなら爽快ドラッグ
  • ライブドアブログ