ピーコ[0分前]選挙で政権がどうなろうとも、とどこうる事がないようにして欲しい。党利党略でいいたい放題い言っている党こそなにもできない。理想論でなく現実的にできるのかが問題。原発本当に廃炉でいるの。自衛隊の名前を変えてどうなるの。省庁の再編で余計にわかりにくくなったり、郵政改革てなんだっの.金融緩和で付けを後回し。自民党政権が投げだした政権をその責任はどうなの。その尻拭いの民主党も、一枚岩できないかったのは党の責任は誰にあるの。これでは、どこの党が政権をとっても期待できない。だから無党派層が増えるだけ、自民、民主など、維新の会を除く、党から本当に日本の国を変えたい実力者が結集して新党を立ち上げてやって行かなければ、いまの国会の多数政党乱立で、身動きが取れなくなってしまう。それこそが国家の危機である。そのことを考えた投票を我々は考えなければならない。