就任時、日本を取り戻す。 主語が無い。① アベノミックスで経済の再生。 円安誘導。デフレ脱却→インフレへ ② TPPへの参加 ③ 被災地の復興 ④ 原発の再稼働 ⑤ 教育改革 ⑥ 日米同盟  ⑦ 憲法改正 ⑧ 領土問題 
①と②で③を優先して行かなければならない。筋書きがあるが、なぜそれを最初に示さないで、後付で認められたら出してくるのか。後出しじゃんけんである。これができるのは、世論調査、これも信じられない支持率である。だれが支持しているのか。抽出調査だから支持している人にあてれば100%がでる。沖縄ですれば70%の数時はでない。この数字があと押しして物事がすんなりといっている。決めなくてもいい政治になている。もし、これで筋書き道理にいかずに生活が大変になった時の責任は国民にあると安倍首相は開きなおれる。自分の責任は免れられるのである。そこまで政治家を絶対に信じてはいけない。それをオイルショックやブラックマンデー、りーマンショックが示している。上がりが速い分、下がりはあっという間にくるのだと思う。そのときのこともシナリオをはできあがっている。想定外ことの発生で逃れるのである。国民よ賢くならなければならない。「木を見て森を見ず」と言っているが現実は「木も見ていないし、森も見ていない」のがいまの政権である。