昭和20年代には西武池袋線に沿って富士見台から江古田にかけて千川が流れていた。そして川に沿って桜が植えられていた。その後千川は暗渠になり歩道として使われようになっったが、桜は残され、また西武線も桜台から富士見台方面に高架化された。この歴史をsっているのがここに植えられていた桜である。