戦後の日本を考えるときに、反省しなければならないことがあると思う。戦後の日本のやってきたことを考えれば、日本国憲法を改めて、GHQによってという偏見をすててみれば、世界に類を見ないすばらしい憲法と世界でも評価されている。まずは。この憲法に基づく諸法律が見直しをしてもよいと思う。憲法を変える理由がみあたらない。あるとすれば、戦前にもどり、9条に関わることに行き着くことになる。つまり富国強兵政策と海外進出で再び殖産興業をイメージがあるように思えてしょうがない。戦後レジームからの脱却は戦前回帰なのではないかと思われる。それこそ世界の帝国主義の歴史を認識しなおさなければならない。それこそが歴史認識の問題である。