日本はもう一度戦後を見直しをしなければならないと思う。それは、アメリカとの関係が深くこれなくしては、日本の成長はなかったことである。その背景にあったのが日本の憲法である。この憲法がなければ、さらに多くの日本人が朝鮮半島やベトナム、イラク、アフガンで命を落とすことに成っていたとも言える。このことが忘れられているのではないか。
故に日本の憲法は経済成長の為にも変えてはいけないのだ。
 アメリカからすれば、もう戦争を自らやることへの懸念している。これからの戦争は関係諸国にも人的負担をおうように考えてきている。この考えにのることが良いのか悪いのかは自ずとわかること。最低限の国防は今までと同様の姿勢でよいと思う。あえて富国強兵、殖産興業は、古い日本の復興に過ぎない。これが外国から見えるから中国・韓国とのトラブルになっている。従来の日本の外交スタンスにもどるべきである。憲法の改正は必要ではない。