プレートテクトニクス: plate tectonics)は、プレート理論ともいい、1960年代後半以降に発展した地球科学学説地球の表面が、何枚かの固い岩盤(「プレート」と呼ぶ)で構成されており、このプレートが、対流するマントルに乗って互いに動いていると説明される。
 太平洋プレートとフィリピン海の境目に伊豆・小笠原諸島のそばに海溝があり、平行して富士火山帯がある。
今、海底火山が噴火して西之島のそばであるが、4000m旧の山の噴火である。そして三宅島や大島の噴火や伊東の側の海底火山の噴火がありました。最近では箱根の火山で地震があったり、富士山も、変化が少しみられているようです。つまり、プレートの動きで押されたりしたところでマグマが移動する動きがみられることは事実で、相模湾など関東西部はこの影響で地震がおこる可能性高くなってきているともいえます。一方、東日本大震災以降福島沖から茨城県では地震が頻発しています。さらに千葉県での地震も増えてきている。
  すでに伊豆諸島の噴火や地震はもうわすれられている。火山と巨大地震の関係も、ニュージーランドやインドネシアでみられている、巨大地震のあとで近くの火山で大噴火が起こっている。東日本大震災の火山の噴火はどこでおこるか、いまちゅもくされている、
 もし、富士山だとしたら、あと10年いないが想定できる。
北東から迫る地震の資源の移動、南西からの火山の噴火のながれ、この北アメリカプレートと太平洋プレートの動きにフィリピン海プレートと太平洋プレートの押しで東京は非常な危険が迫っている。ここ、10年が勝負であるとおもわれる。