自動車国内生産、11カ月ぶりマイナス 7月2.2%減
乗用車8社、増税駆け込み反動や受注残一巡で

 国内乗用車8社が28日まとめた7月の国内生産実績(速報値)は合計で前年同月比2.2%減の84万2430台となり、11カ月ぶりに前年実績を下回った。消費税率引き上げによる販売減の影響を受けたほか、増税前に積み上がった受注残に対応する生産が6月までにほぼ一巡したことも前年割れにつながった。
7月の生産・輸出・販売実績
国内
生産
海外
生産
輸出国内
販売
トヨタ307356(▲3.7)472467(9.5)176013(5.0)147129(▲2.4)
日産自79267(▲22.5)286181(4.8)43417(▲27.3)55716(▲10.3)
ホンダ84898(27.9)278599(2.2)2754(▲74.1)70971(23.7)
スズキ91473(4.9)166677(8.7)12952(▲4.5)65486(7.5)
三菱自62174(1.3)49989(▲3.2)34721(9.6)9655(▲27.6)
マツダ83818(▲5.9)40063(69.1)66017(7.6)15472(▲24.9)
ダイハツ66597(▲15.2)25521(24.1)714(▲2.6)48637(▲16.0)
富士重66847(16.2)9386(20.9)47793(15.0)14949(▲9.4)
合計842430(▲2.2)1328883(7.7)384381(▲0.6)428015(▲2.6)
(注)単位:台、カッコ内は前年同月比増減率(%)、▲は減。ダイハツの海外生産はマレーシア子会社プロドゥア社の生産を除く。
 国内生産はトヨタ自動車や日産自動車など4社が前年実績を下回った。日産自は消費増税に加え、多目的スポーツ車(SUV)「ローグ」の生産を昨年10月に米国へ移管した影響もあり、生産台数は22.5%減の7万9267台にとどまった。国内販売が苦戦しているダイハツ工業も15.2%減った。「6月までに受注残が解消した」(広報担当者)という。
 一方、富士重工業は大幅に増産した。北米向けの輸出に振り向ける車種の販売増が続いているうえ、6月20日に国内で発売した新型スポーツワゴン車「レヴォーグ」の生産が本格化したことが寄与した。
 海外生産は三菱自動車を除く7社が前年実績を上回り、トヨタやホンダ、スズキなど6社が7月として過去最高の台数を生産した。8社合計では7.7%増の132万8883台を確保。マツダは1月に稼働を始めたメキシコ工場の増加分が寄与し、海外生産の伸びが69.1%増と、8社中で最大だった。トヨタや日産自は北米などで生産を伸ばした。
 この結果、8社合計の世界生産台数は3.6%増の217万1313台となった。消費増税による国内の苦戦を、海外の増産で補う構図が浮き彫りとなった。
 輸出はホンダや日産自など4社がマイナスとなった。ホンダは北米へ一部車種の生産移管を進めた影響で、74.1%減と大幅な輸出減が続いた。一方で、富士重とマツダ、三菱自の3社は増加。富士重の輸出台数は7月として最高を記録した。
 あまり騒がれていないが基幹産業だけにこれがすすむと10%消費増税が困難になると来年度の予算が膨らむよなので、政権に打撃になるかもしれない。巨大地震の前兆現象みたいなものなのかもしれない