パソコンも早くできる様になった方が良いとお考えの方もいらっしゃる様ですが、はたしてそうでしょうか。子ども達の学習機能は、物事を経験的に学ぶことが多い。自然に対する関心がまず高まる。
  それにたいして、実態のないものは、ひとつの仮定があり、その仮定のうえで、1+1=2であるとする、つまり前提をきめて答えを導き出す。それが学年があがるごとに、増えていく。この原理原則が、特別の答えとしてなりたっているこたは、中学になってから学べばよいと思います。
 ですから、小学生のころには、パソコンで物探しなどができればよいし。なれ親しむために(キーボード)に慣れるために、幼稚園・保育園でお遊びのソフトになれるようにしておくことも良いでしょう。つまり、そろばんのように考えておけばよいでしょう、
 ですから、パソコンは、小学校からで十分にまにあうものです。  ただし。単体のソフトであれは、それだけをつかうことは、可能である。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。