軽井沢のスキーバス事故の原因は、フェード現象、ペーパーロック現象であるかもしれない。国交省の道路監視カメラの状況から、ブレーキを踏んでいるのにも関わらバスは減速していなく、明らかに効いていない.

フェード現象とは

どんな現象

長い坂をクルマで下るときには、エンジンブレーキを多用するのが理想です。MT車であれば、2速から3速といった低めのギアを使い、制限速度を超えないように調整します。AT車も同様で、2レンジ、もしくは3レンジを使い、できるだけフットブレーキだけに頼らない速度調整を心掛けてください。その理由は、長い下り坂で、フットブレーキを踏み続けていると、ブレーキディスクとブレーキパッドが接し続け、ブレーキパッドの許容範囲を超える熱が発生する可能性があるからです。ブレーキパッドには、その素材に応じた許容温度があり、その温度を超えてしまうと、摩擦係数が下がり、制動力が一気に低下してしまいます。すると、いくらブレーキペダルを踏んでも、クルマは止まってくれません。この状態をフェード現象といいます。

また、似たような症状として、ペーパーロックと呼ばれるものがあります。フェード現象が発生したまま、フットブレーキを踏み続けると、ブレーキディスクとブレーキパッドの熱が上がり続け、今度はブレーキペダルと、ブレーキパッドを押し出すピストンをつなぐブレーキフルードにまで熱が伝わります。その熱でフルードが沸騰すると、ホース内に気泡が発生してしまいます。この状態では、どんなにブレーキペダルを踏んでも、その力が気泡を潰すことに使われてしまい、ブレーキパッドを押す力になりません。このような状態を防ぐためにも、長い下り坂ではフットブレーキだけでのスピード調整を行わず、エンジンブレーキを多用してください。

べーパーロック現象
どんな現象か
坂道や高速走行時に、強いブレーキや長い時間でのブレーキ操作を頻繁に続けることで、ブレーキの効きが悪くなる、または効かなくなる現象です。」


べーパーロックが起こる仕組み
 べーパーロック現象はブレーキのシステムの中に、熱により発生した気泡が,
”ブレーキペダルを踏むことで発生する圧力”を邪魔してきかなくしていることが原因でおきます。

その気泡というのはブレーキフルードの中に含まれた普通の水分が、ブレーキングによって発生した熱で沸騰した結果にできるものです。

ブレーキというのは通常、液体式ブレーキという形式のものが使われていますが、ブレーキペダルを踏むことで液体のブレーキフルードが押され、その圧力で摩擦をする部品を押し、駆動輪を摩擦して車を制動します。高速で回転しているものを摩擦で制動しているわけですから、そこには必ず熱が発生します。その熱によって直接摩擦を行う部品(ブレーキパッド)からそれを挟み込む部品(キャリパー)へと熱が伝わり最後にはブレーキフルードへと伝わります。

その熱によって、ブレーキフルードが過熱してしまうわけで、走ってるとき走ってないときとの温度差でフルードの中には水滴ができてしまいます。その水分が、またその熱で加熱されて沸騰してしまうことで気泡が発生し、べーパーロックが起こります
   ですからブレーキを強く、長く頻繁にと、そのような酷使を続けていれば、ベーパーロック現象が起こりやすくなります。また普通に走っているだけでも確実に温度差による水滴は発生していますから、長期間フルードを交換していないと余計にベーパーロック現象が起こりやすくなります。

また参考にも、競技用の車に使われている車のブレーキフルードは、競技後にはたばこの火がつけられるほどに高温になっているそうです。



ブレーキフルードについて

ブレーキフルードには特有の成分が含まれていて沸点が普通の水よりも高くなっていますが、水分が含まれると確実に沸点は下がります。またブレーキフルードは成分上、吸湿性が非常に高く、いったん水分を吸収すると抜けにくくもなってしまいます。長期間交換していない場合は、ちょっとづつたまっていった水分によってベーパーロック現象や、そのほかブレーキシステム内の錆などの悪影響を及ぼします。目安としては1年、または1何キロ走行に1回、定期的に交換することが必要となります。

またエンジンルームを点検した時にブレーキフルードの量が少なくなっていても継ぎ足しはしない方がいいでしょう。それはブレーキシステムは、油圧で押されたり、また戻ったりというピストン運動をしているので、その影響で油量が少なくなっているわけでなくただ下がっているだけという場合があるからです。心配な場合は専門家に見てもらうといいでしょう。

もし何らかの場面で、継ぎ足しを行う場合は必ず純正の規格のものを使用することも重要です。ブレーキフルードには沸点の高さの違いでいくつかの種類があります。違う種類のものを入れてしまったら性能などに大きく影響します。

排気ブレーキをつかっつていてストップランプがついていたのかは

現在の排気ブレーキは二段式が多いですが、一般の排気ブレーキ(1)とリターダ(2)(磁気や油圧制御とか)の2つ。よってレバーも(1)と(2)の二段階です。因みに現行車は排気時でもストップランプは点灯しなくなりました。