これらの話は自民党の安倍政権を守るための戦略でもある。民意を野党のごたごこに巻き込んで漁夫の利を得ようということであろう。今回の目標は、安倍政権を倒せはいいのだと思う。
 国民は、多数で押し切られる政治には共通していることである。ここで野党が議席の半数以上を占めることが大切である。政策協議については、経済・安保・社会保障・憲法などで、今の政権とは違うものをまとめればいい。過去の選挙でもそうであったように、安倍首相が辞めた段階で、自民党の次期総裁と希望の党など保守層で連立の可能性がある。
 しかし、安保・憲法については、もう一度きちんと議論して、決めるべきである。
 小池都知事は、希望の党の国会議員が多数を占められないと読んでいるのではないか。故に国会では第2党になればよいと考えている。そして、安倍政権の自民党は議席を減らし、辞めることになる。そこで次期総裁と組むことを考えている。これでいいのだと思う。