ブログネタ

2013年の抱負

ブログネタ
2013年の抱負を発表! に参加中!
1 今の社会の動きを冷静に判断して、豊かな日本のあるべき姿を追求し続けたいと思います。
 政府、政党、地方自治体、研究者、マスコミ(解説者、評論家、コメンテーター)口コミなど報道されていることの真意を確かめて本当のところを明らかにしたい。言論の誘導、プロパガンダなど政府が衆議院で3分の2の議席を持つ政党であるから、またそのメンバーが政治経験が浅い人が多いことなど、心配な要素が多いのである。
 情報をできるだけ集めるのにPCやスマホなどは非常に有効な手段である。これも鵜呑みにせず、分析して真実に迫ることが出来れば良いと思うし、その話題を共有することで多いな意見にしていくことが可能であると思う。
2 自分の住んでいる東京・隣接県を出来るだけ歩いて景観を見て、すばらしいところを紹介した。
 身の回りにこんなところがあったんだ。いって見ようかと思うところの紹介をしていって見たいと思う。
  たとえば、足立区にある都市農業公園など
3 ある日のできごとを日記のように。感じたこと思ったことをかいてみたいと思う。
  ある事件、事故について、どのよに考えるかなど
4 ペットの成長について
  家には1匹の猫がいますがこの猫の成長する様子を伝えていきたい。また地域にいる猫や犬の話題もとりあ   
 げていきたい。
  読んで頂ける方がどれだけいるかわかりませんが全部を読まなくても。一部分きにかけて頂ければありが   たいです。

これから後半行楽地へ

ブログネタ
ゴールデンウィーク、何してますか? に参加中!
  後半のはじまりは、天気に恵まれませんでしたので、家でゆくっくり、本を読んだりしていました。明日から、買い物に吉祥寺へ行こうと思っています。ここは、意外と物が揃っています。同業のお店が多いので、物を安く手に入れることが出来ます。また、飲食店も多いので、好みの料理を食べるのにも良いです。意外とまとまったところに店があるので、新宿や渋谷より、分かりやすい街です。そして、横浜会場で行われている世界のペット博に最終日に行こうと思っています。わんちゃん、猫ちゃんを沢山見て来ようと思います。楽しみにしています。その様子も出来れば、紹介したいと思います。

人生やり直せるなら18歳にもどりたい。

 今の世の中、漫画みたいな感じがして、何か緊張感に欠けた何とかなるみたいな雰囲気を感じる。なんでもあり、道徳も、モラルも、倫理もない、これでいいのか日本人というところです。なぜ、中学、高校まで気が張りしっかりしている者が、大学や社会にでると気が抜けてしまう。ある面で社会にでて本来の目標、目的を達することなく、妥協している者が多いのではないかと思う。これがモチベーションをさげている原因なのかもしれない。
 それに比べると我が18歳は、まさにこの国をどのようにするかを多くの学生達が考え行動してた活力があった時代であった。みんなで語りあい、歌をうたっり、キャンプしたり、なにしろ集団でするのが、とても楽しかった。 政治を語り、経済を語り、文学を語り、人間関係を語り、人生を語った。真剣に語り合ったのあの時だけだったろう。それなりに目標・目的を達成してきた者は多かったと思う。なにしろ、良くも悪くも、政治にも、経済にも求心力があった。それは、今と違って悪役になる人がいた。いまは 、だれもが悪役をやりたがらない。だから、対立が明確にならず、どちらでもよいになっている。だから、自分たちが若かったころは、それをぶつけあったから、燃えていたのだと思う。まさにアナログ時代だったからだ。
なぜ、18歳にもどりたいかというとあのとき純粋な考えに陶酔したパワーがほしくなったからだと思う。


パソコンは、小学校から始めよう

パソコンも早くできる様になった方が良いとお考えの方もいらっしゃる様ですが、はたしてそうでしょうか。子ども達の学習機能は、物事を経験的に学ぶことが多い。自然に対する関心がまず高まる。
  それにたいして、実態のないものは、ひとつの仮定があり、その仮定のうえで、1+1=2であるとする、つまり前提をきめて答えを導き出す。それが学年があがるごとに、増えていく。この原理原則が、特別の答えとしてなりたっているこたは、中学になってから学べばよいと思います。
 ですから、小学生のころには、パソコンで物探しなどができればよいし。なれ親しむために(キーボード)に慣れるために、幼稚園・保育園でお遊びのソフトになれるようにしておくことも良いでしょう。つまり、そろばんのように考えておけばよいでしょう、
 ですから、パソコンは、小学校からで十分にまにあうものです。  ただし。単体のソフトであれは、それだけをつかうことは、可能である。



続きを読む

フォークソングこそ青春

思い出す歌、神田川、マジックドラゴン、風、遠くにいきたい、友よ、翼をください、戦争を知らない子どもたち、結婚しようよ、この広い野原いっぱい、いちご白書をもう一度など。学生時代の良き思い出の歌ばかりです。これらの歌のなかには、教科書でも紹介され、我々の世代だけでなく、知っている人も多い歌もあります。
 日本の社会が激動の中、経済が成長しているころで、まだすごい豊かさはなく、でも未来に向かって力強さを感じた時でした。そして、自分たちに夢や希望も努力によって叶時期でもあったと思いますまさにジャパニーズドリームの始まりであったのかもしれません。だんだん生活も豊かになってきました。まさにパソコンでいえば、数十万円で、今のワープロ機能を搭載したものでした。ようやく、デジタル化がはじまり、まだアナログ中心時代でした。
 この時代は、豊かでなく、貧しかったのかといえは゛、必ずしもそうではなかったと思います。気持ち的には充実していたと思います。やろうと思えば実現できる。やっただけの報酬を手にできたのもこのときです
 それで今を考えると働きたくても仕事がない。正社員を雇えなくなった企業、人件費の抑制のリストラ、成果主義など、企業にとっては、体力回復の方策なのかもしれませんが、企業は人なりだと思うのです。人を育てなくなった企業はきっと近い将来倒産してしまうでしょう。そのことを経営者は考えていかなければならないと思います。

 あのフォークソングがはやった時代の勢いを再びつくていかなくてはいけないと思います。
記事検索
プロフィール

ぴーちゃん

タグクラウド
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
石神井川の桜さまざま

ダウニーを安く買うなら爽快ドラッグ
  • ライブドアブログ